HOME>特集>ビル内のエネルギー対策をするなら省エネ機器を導入してみよう

目次

まずは診断から

ビルの省エネを実行するには、まずビル内で使用されているエネルギーの実態を把握する必要があります。ピークになっている時間帯や使用量のほか、特に消費量の多い部署やフロアに着目し、無駄がないかを検証します。その上でビル全体を見渡し、適切な削減方法や導入すべき省エネ機器について設計を行います。設計や施工においては専門家のノウハウが十分に活かされます。

運転と保守

各種の省エネ機器を導入した後に、運転のサポートや保守管理を行うのも専門業者の役割です。またビル全体でどれぐらいの省エネを実現できたか、効果を検証する必要もあります。具体的な省エネ機器としては、蓄電・蓄熱システムやデマンドコントロールなどが挙げられます。照明や空調の自動制御を行い、ピークシフトを達成することで、大幅な経費削減が期待できます。

ESCO事業とは

ビルの省エネ機器の導入には当然ながら初期費用がかかりますし、運転や保守のための経費も必要です。ただしESCO事業を活用すれば、その支払いには節減された光熱費が充てられるため、実質的な出費がほとんどなくなります。そして契約期間が満了すれば、光熱費の節約分は丸々利益になるという仕組みです。そのため資金的に余裕の少ない企業でも導入しやすいとして人気になっています。

我慢しないで節約

ビルの冷房温度を上げるとか照明を薄暗くするといった従来の省エネは、働く人にとっては快適ではありませんでした。近年の省エネサービスは、我慢しないで節約できる点がメリットになっています。

広告募集中