フェンスの役目とは

フェンスの設置は隣地や道路と敷地を区別するためや、プライバシーを守ることを一つの目的としています。隣家や外部の人の視線を遮断して、プライベートな空間の安息を確保します。
さらに近隣との財産の所有関係を明確にして、良好な関係を保ちます。光や風など自然の影響から、居住区間を守ることにも寄与します。また、視線を遮断するのは個人宅だけでなく、ビルやオフィスなど仕事空間においても作業エリアの独立性を高めるためにフェンスの設置が有効です。フェンスの設置によって、敷地内への不審者の侵入を防止し防犯効果を得ることも可能です。また、様々なデザインがあり、目的や用途に応じて選ぶことができることから外観を良くすることにも貢献します。周囲の町並みに馴染んでいるのか、日照問題は発生しないか等、あらかじめチェックすると良いでしょう。

オフィスやビルにフェンスを設置する前に知っておきたいQ&A

最適な目隠しフェンスの高さとは?

高すぎると圧迫感があるので、目線を遮るのに十分な程度の高さにとどめておきましょう。

風切り音を低減するには?

建物が高台やビル風の影響を受ける場合、風切り音の防止ためにフェンスを採用します。

街並みや周囲に与える影響とは?

フェンスのデザインが周囲の環境からどのように見えるのか、日照問題はないか注意しましょう。

フェンス

置く場所で機能は異なる

プライバシーを守るための目隠しの機能などフェンスを設置する理由はいろいろありますが、フェンスは個人の家庭以外でも企業が入居しているビルや集合住宅などでの利用価値もあります。マンションなどは敷地の境目などに必要な場合やマンション住民の安全のためというところもあるようです。様々な種類があるフェンスですが、使用場所によってその種類は異なるので、その場所に応じて決めることが必要になります。マンションやビルなどを新築した場合には、建物の洋式によっていろいろなデザインがあり、目隠しのための使用であれば風通しの良いものや光はちゃんと通るものなどもあるようです。また、使用する場所によっては風よけや音が漏れないような機能がほしいこともあるかもしれませんが、防音、防風機能のフェンスなどもあり、選択肢はとても豊富だと考えて良いでしょう。

素材なども考える

マンションやビルなどは隣との境がそんなに広くない場合も多いのではないでしょうか。そんなときにはフェンスがあるのとないのでは違いが大きく、お互いにプライバシーを侵害しないですむかもしれません。マンションなどの集合住宅は駐車場や駐輪場がその敷地内にあることが多く、その場所と外との間をフェンスで仕切ることも必要で、その場合は高さは低いのが求められます。目隠しのためでも決めるときには機能だけではなく使用場所によって高さや幅なども考慮する必要があります。さらにアルミなどの素材も比較検討の範囲なので、耐久性なども考える必要があります。

構造でも選ぶものが変わる

フェンスには先述したような風通しの良い目隠し機能のものや防音、防風もできるものなどいろいろあります。そして、その中には植物を育てて蔓などをからませることで景観を良くし、さらに環境の為に貢献できるというようなフェンスもあるようです。また、間仕切りタイプやフリーのホールタイプなど本体と柱の位置に違いがあるフェンスやブロックの上に設置するものなど、その構造の違いでの選択肢もあるということも把握しておくと良いでしょう。

広告募集中